マーチンゲール法は、理論上は必ず勝つと言われている方法

オンラインカジノをプレイしていくにあたって、カジノゲームを楽しむことも大事ですが、長くゲームを続けていくためには、ゲームに勝ち利益を上げることも大事です。

その方法として、様々な「攻略法」もしくは「必勝法」と呼ばれるものがオンラインカジノ業界にも存在します。その中でも今回は、理論上は必ず勝つと言われている「マーチンゲール法」を紹介していきたいと思います。

【マーチンゲール法とは?】

マーチンゲール法とは、先程も軽く触れましたが、「理論上では必ず勝つ」と言われているほどのオンラインカジノ攻略方法です。このマーチンゲール法は、「ベッティングシステム」と呼ばれるもので、特定のゲームを攻略するという方法ではなく、様々なカジノゲームでプレイする時に「どれくらいをベットするか」の指標とするものです。

特に、様々あるカジノゲームの中でも「勝率50%」、「配当が2倍」のゲームによくマーチンゲール法を使われています。マーチンゲール法のやり方はとても簡単なので、カジノゲームをプレイするのが初めてでも使用することができる攻略方法です。

【マーチンゲール法のやり方】

マーチンゲール法のやり方としては、「ゲームに勝負をして負けた時に次の勝負はベット額を2倍にする」というだけです。前回で負けた分を取り戻す賭け方のことをマーチンゲール法と言います。

「理論上は負けない」と言われているマーチンゲール法の理由はここにあります。どれだけ連敗が続いたとしても、1回の勝利ですべての損失を取り戻すことができるからです。

例えば、ルーレットをプレイするとします。マーチンゲール法を使ってプレイしていくとしたら、「勝率50%」「配当2倍」のものを選ばなければならないため、ルーレットの「赤、黒」を当てるようにします。

まず、赤に1ドル賭けて、結果は黒で負けたとします。次の勝負では負けた分の2倍を賭けることになっているので、赤に2ドル賭けます。しかし、結果はまた黒で負けました。

次の勝負は、さらに倍の「4ドル」を赤に賭けます。赤にボールが入り、当たれば「今まで負け分であった3ドル」は取り返すことができるということです。マーチンゲール法はそれを繰り返していきます。

【マーチンゲール法のデメリット】

マーチンゲール法の理屈ややり方を理解していくと、確かに「負けはしない」という考えに達します。しかし、デメリットがあることも頭に入れておいてください。

先程も例えで説明しましたが、負ければ前回賭けた額の倍を次の勝負に賭けることになるので、負け続けると凄い額になっていきます。

もし、初めに1ドルを賭けて、19回負けてしまうとすると、20回目の次に勝負する時の額は「524288ドル」になります。1ドル=100円計算したとしても恐ろしい額にはなります。

そのため、マーチンゲール法を使用する時は、「手持ちの額を余分と思えるほど持っておく」ことが重要です。でないと、負け続ける可能性があり、倍で増えていく額に対応できなくなります。

先程、20回目になると凄い額に賭け額になると説明しましたが、いくら資金を持っていたとしても、ゲームによって「ベット額の上限(マックスベット)」というものがあります。

カジノゲームのほとんどが、1度にベットできる額に上限が設けられています。そのため、マーチンゲール法で負け続けたからといって、倍々で賭け金を増やしていったとしても、いつかは上限にぶち当たり、それ以上賭け金を増やすことができません。

なので、このマーチンゲール法を利用する時は、ゲームの最小ベット額と最大ベット額を確認しておくようにしましょう。

【まとめ】

マーチンゲール法について紹介してきました。マーチンゲール法は理論上は必ず勝つと言われていますが、デメリットがあることも理解してもらえたと思います。

デメリットも理解した上で、マーチンゲール法を使用して、カジノゲームをプレイしてみてください。