売りで出た損失を買いで得た利益で相殺するFX両建て

買い及び売りのポジションを、同時に保有することFXにおける両建てになります。

本来は買い及び売りのいずれかを、保有して取引を行います。

FXは為替の変動により利益を得たり或いは損失が出たりするため、両建てとしてそれぞれの損失を補い合うことにより利益を確保します。

買い及び売りのいずれかで損失を出した場合においても、どちらか一方でカバーするという仕組みです。

両建てを禁止しているFX会社もあり、特に海外FX会社に多く見られます。

両建てが禁止される可能性があるケースは同じ口座内での両建てと、同じFX会社の複数口座内での両建てや異なるFX会社間での両建てです。

これらの内同じ口座内での両建ては、大半のFX会社で認められています。

しかし同じFX会社の場合においても異なる口座で取引を行う際や、異なるFX会社で取引を行う際などは禁止されているケースが多く見られます。

両建てが禁止されている理由は、ゼロカットシステムの悪用を防ぐためです。

ゼロカットはロスカットが間に合わず、発生した追証分をFX会社が負担してくれるサービスです。

XMで損失が出た際に損失分をゼロカットにより負担してもらいます。

一方で異なるFX会社で利益を得た場合は儲けとなります。

FX会社に損をした分は負担してもらい、利益は自分のものという悪用を防ぐため両建ては制限されています。

FX両建てのメリットは、急激な価格変動においても対応可能なことです。

刻一刻と為替相場は変動し読めない動きをすることもあり、大きな損失を見立てと異なった動きをした際に負う可能性があります。

買い及び売りのいずれにもポジションの両建てを、行うことにより保有する一方の損失を補い合うこともできます。

両建てを行うことでリスクヘッジになるため、思いもよらない為替相場の動きに対応可能な点がメリットといえます。

両建てはマイナスを生みにくい点もメリットといえるでしょう。

為替の動きを読みきることは大変難しいため、結果として損失を出すことも珍しいことではありません。

そのような場面の際に両建てを、行うことにより損失分を相殺可能な点もメリットといえます。

急変に対応できることにも繋がりその上で、買い並びに売りの両方を保持が可能であるため結果補えることになります。

売りで出た損失を買いで得た利益により軽減することが、可能であるため大損失から逃れることができます。

FXで年を越す前に利益をあげると、収支が増えることになり課税対象になります。

しかし年を越すまで決済を行わず、保有した場合課税の持ち越しができます。

ただ注意点として持ち越すということは一定期間に渡り、決済を行わず保有することになります。

その結果為替相場の急変により損をする可能性も、全くないといいきることはできません。

その点において両建てを行っていた場合は、マイナスを補えるようにリスクヘッジが可能です。

そのため年を越した場合においても、損を膨らまさせず同時に税金対策もできます。

税金対策のために持ち越した場合は、当然損をする可能性もあるため決済を行うタイミングの見極めは大事です。

両建てを行う場合は買い及び売りそれぞれのポジションを、保有するために両方の必要証拠金が必要と考えられることでしょう。

この点について各FX会社では片方のみの、ポジション保有で良いとされているFX会社が少なくありません。

両建ての証拠金は売建玉の合計と買建玉の合計とを比較し、建玉の合計の多い方に対して証拠金を算出します。

買い並びに売りのいずれかに対して証拠金の用意を行えば良いため、資金効率が上がり取引の余力がある状態になります。

一方で両建てのデメリットは、損をする可能性が無知なまま取引を行った場合高くなることです。

買い及び売りのポジションを保有する必要があるため長期的に見た場合、スワップポイントの差額分のコストを毎日払うことになるため損をしやすい点もデメリットです。

さらにスプレッドによるコストが買い並びに売りのいずれにもかかるため、取引ごとに通常の倍となる為替手数料が必要になります。

両建て取引の場合は経済合理性を欠く取引であることを、確実に理解した上で取り組むべきと心掛けておきましょう。

FX会社により買い及び売りのいずれにもポジションを、保有しなければいけない場合があるためロスカットの恐れが増加します。

ロスカットは損失を抑えるという、意味合いにおいては安全な策ともいえます。

ただポジション保有を継続したい際には避けたいものでもあるため、回避可能なように証拠金を維持するための対策を行いましょう。

買い及び売りのいずれにもFX取引のスプレッドは発生するため、両建てを行うことにより通常の倍になるコストがかかります。

証拠金は片方だけで良いですがスプレッドの場合は、買い及び売りの両方にかかることを理解しておく必要があります。

両建てを行う場合は加えてスプレッド負担も増大することを、意識しつつFX取引を進めることが大事です。

そしてFX取引で両建てを考えているトレーダーの場合は、どの会社の口座を選ぶかが重要まポイントになります。

買い及び売りの片方だけに証拠金を用意すれば良い場合と、両方に必要な場合がFX会社により違います。

殆どのFX会社においては片方だけの証拠金で良いとされていますが、事前に調査をしておくことにより安心感が生まれます。