安全な海外FX業者は選び方の基本は「金融ライセンスを取得していること」

FX取引を行う上でも重要なのは「どのFX業者を選ぶか」です。

国内FX業者には国内FX業者にしかないメリットやデメリットがありますし、海外FX業者にもメリットとデメリットがあります。

 

しかし、国内FX業者にはないメリットが海外FX業者にはあります。

それは、魅力的なサービスや豪華なボーナスなどです。

例えば、「レバレッジ」です。

国内FX業者では、日本の規則に則った上で運営を行わなければなりません。

そのため、レバレッジが「最大25倍」までしかかけることができません。

 

しかし、海外FX業者の場合は、レバレッジに縛りがなく、「数百倍〜数千倍」までレバレッジをかけることができるFX業者が存在しています。

他にも、追証がなくなる「ゼロカットシステム」が導入されていたり、国内FX業者以上の「ボーナスの豪華さ」などがあります。

 

「海外FX業者」と聞くと、初めてFX取引を行う人からすると、「安全性が不安」や「出金してもらえるのだろうか」など様々な不安を抱えてしまうと言う人もいると思いますが、今から紹介することをちゃんと調べてから口座開設すると海外FX業者は安全に利用することができます。

 

【安全な海外FX業者の選び方】

まず、安全な海外FX業者の選び方として挙げられるのが「金融ライセンスを取得している業者か」というところです。

 

金融ライセンスとは、「FX業者がある国の金融監督庁の営業認可」のことです。

日本の場合は、金融庁がライセンスを発行しています。

日本の金融ライセンスを取得すると、日本の規則に則って、運営を行わなければなりません。

そのため、国内FX業者はレバレッジを最大25倍以上かけることができません。

 

海外FX業者は、海外の金融ライセンスを取得しているため、その国々の規則に則り、運営をしています。

なので、レバレッジを数百倍も数千倍もかけたりすることができます。

 

この金融ライセンスを取得している海外FX業者なら、ある一定の安全性は保証されていると考えて良いです。

金融ライセンスを取得するためには、厳しい審査基準があり、ライセンスを維持するためには、常にそれをクリアした状態を保つ必要があります。

そのため、利用したいと考えている海外FX業者の保有しているライセンスを確認することで、そのFX業者の安全性を確認することができます。

特に、多くのライセンスを保持していたり、審査が厳しいことで有名な国のライセンスを取得していればより信頼性、安全性は高まります。

 

もうひとつ安全な海外FX業者を選び方として挙げれるのが、「ICF(投資家保障基金)に入っている」ところです。

ICF(投資家保障基金)では、最大で2万ユーロ(約260万円)の信託保全を行っており、投資資金の全額ではないとしても、少しでも返ってくる保障があれば安心して取引を行うことができます。

 

信託保全の有無は、海外FX業者を選び方にも重要です。

もし、利用している海外FX業者が倒産した場合は、この信託保全がない時は、投資資金が戻ってきません。

 

日本の国内FX業者の場合は、信託保全が義務付けられていますので安心して取引することができますが、海外FX業者は、各業者に加入するかを任されています。

そのため、信託保全に加入していない業者もあるので、「信託保全に加入している業者なのか」を確認して、加入しているようなら安全性の高い海外FX業者です。

 

【おすすめする海外FX業者】


今紹介していきた安全な海外FX業者の選び方に合っている業者としておすすめできるのが、「Traders Trust」です。

 

Traders Trust」は、キプロス共和国の海外FX業者で、取得している金融ライセンスは全部で「9個」取得しており、その9個の中には審査が厳しいことで有名なイギリス金融庁のライセンスの取得もしています。

 

しかも、「Traders Trust」は、ICF(投資家保障基金)にも加入しているため、信託保全も万全の体制が整っています。

なので、「Traders Trust」は安心して取引を行うことができるようになっています。

 

【まとめ】


安全な海外FX業者の選び方について紹介してきました。

全だと思う基準は人それぞれなので、一概には言えませんが、今紹介したところを、口座開設する前にきちんと確認しておけば、ある程度問題はないです。

なので、「ボーナスが豪華だから」とか「レバレッジが高いから」という理由だけで海外FX業者を選ばないようにしましょう。