日本人から見た海外FX事業者、XM Tradingの特徴

取り扱いの銘柄の多さが特徴に上げられている

日本人側から海外FX事業者を見た場合、XM Tradingの特徴においては、取り扱いの銘柄の多さとペアの多さが特徴に上げられています。

まず、XM Tradingでは、FXの口座を利用して、仮想通貨のトレードも実は可能としています。これは、本来仮想通貨は不安定な相場にあるのですが、あえてXM Tradingでは、仮想通貨のトレードをFXの口座から行うことを可能としており、通貨ペアを仮想通貨に指定してトレードを可能としています。

無論、トレード可能な通貨に関しては5種類の銘柄しかありませんが、いずれの通貨ペアも信頼できる仮想通貨の身を取り搾りトレードを可能としていますので仮想通貨のトレードを行うことができる海外FX事業者としての信頼は高いと言えます。

何故、信頼が高いと言えるかは、ゼロカットシステムを仮想通貨のトレードにおいても適応可能なため、仮想通貨で生じた存在を緩和する策が講じられており、仮想通貨のみを扱う取引所よりもトレーダーを保護する仕組みが強いともいわれているからです。

XM Tradingは、NDD方式でトレードを行うため、第3者がトレードを仲介しない

XM Tradingは、取引の仕組みが、NDD方式という仕組みで、簡潔に言えば、第3者がトレーダー同士の取引を仲介しません

何故、取引を仲介する事業者が存在することがあまり好ましくないかですが、トレードを仲介する事業者が間に挟まった場合、不正操作を行う可能性も否定できず、言ってしまえば、取引が円満に行われなかったと嘘をつき、取引にかかった費用だけを頂くことも考えられるからです。

無論、取引において間に第3者が入った方が良いケースもあります。それは、取引が成立した際、相手側が不服を申し立て初め、取引を無効であると言い出した場合、事業者が間に入り相手を説得させることができれば、第3者が介入した場合の方が良い場合もあります。

しかしながら、すべての取引に第3者が介入することは難しいので、こうした取引においては第3者が介入するのはかなり大きなお金が動く場合のみです。その為、少ない金額を動かすトレードにおいてはあえて、NDD方式でのトレードの方が望ましいトレードになるわけです。

XMに登録する

MetaTraderが全端末対応

XM Tradingの特徴ですが、為替トレーディングを行うシステムが、全端末に対応しているという特徴があります。

これは、かなり素晴らしい特徴で、通常、海外の事業者は端末を選んで為替トレーディングシステムが動作する事業者もあり、必ずパソコンからでしか動作しない物や、必ず専用アプリをインストールしてインストールを行う端末には制限があり、一定のバージョン以外利用できないという制限があることが多いです。

しかし、XM Tradingが提供する、為替システムは、ブラウザを閲覧することができる環境下にある物であれば恐らくすべての端末から動作を可能としているため、IOSやandroidなどの端末を選ばずに動作を可能としています。

いつの間にか法人口座は制作できなくなった

XM Tradingには、特徴的な機能として、実は法人名義で口座開設をすることができ、法人名義で活動をすれば、税金関係の申告を緩和させることが可能でした。

ただ、これは今現在においては不可能な機能となっています。恐らくですが、XM Tradingは金融庁から警告を受けている事業者なのでここで、法人名義で口座を制作し、かつ税金の納める金額を緩和できることを宣伝してしまうとさらに金融庁からマークされると読み、法人名義で口座の開設を行うことを不可能としたと予測します。

逆を言えば、日本の金融庁から警告を受けていない事業者は法人名義で口座の開設を行うことができるため、要は、日本の金融庁側が海外のFX事業者をどの程度信用しているかどうかであるとも言えます。

XM Tradingは、口座開設ボーナスやロイヤリティプログラムが特徴となっている

XM Tradingには、口座開設時にボーナス資金をプラスするというキャンペーンやロイヤリティプログラムが特徴となっています。

ロイヤリティプログラムは、簡単に言えば取引を成立させれば貰えるボーナスのような物で取引を続ければ続けるほどポイントという形で還元されます。

ポイントは、現金に換えることができ、実質取引を成立させればさせるほど貰える現金がロイヤリティプログラムという名称でXM Tradingでは提供されています。

これについても、恐らく、ポイントという形で一度置き換えることで現金をそのまま渡すというプログラムと比較した場合、リアルマネーにポイントを返還せず、よそのことに使用することができるという汎用性を出すことでXM Tradingの利用者をつなぎとめていると予測します。

XMに登録する