日本人の目線から見た海外FX事業者、FxProの特徴について

FxProは、日本人スタッフこそ在中していないが、日本語対応可能な事業者

FxProの特徴についてですが、FxProは、国外のFX事業者であるという性質上、日本人スタッフの在中は無い事業者です。

しかしながらメールやチャットでのやり取りの他、電話で日本語にて対応を可能としている事業者でスタッフは外国人の方でありながら日本語ができます

メールとチャットでの対応を可能としている点が強みですが、電話も可能で両者ともよくありがちなおかしなな日本語での応答にならないという声もあり、日本語でのサポートの質はかなり高いとみてよいでしょう。

恐らくですが、経験豊富なスタッフが日本語での対応に当たっていると見られ、FXにおける問題解決を図っていると予測します。

FxProにはボーナスプログラムが存在しない

実は、FxProには口座開設や取引を継続し、取引の数に応じてボーナスを与えるような制度は一切ありません

恐らくですが、この仕組みは、ボーナスプログラムに頼らずとも、FxProの特徴を第3者である利用者側に示す方法があるためであると予測します。逆を言えば、ボーナスプログラムに頼るのは、海外事業者の場合、自社が提供するプログラム群に自信がない表れであるともいわれており、利用者の獲得目的でボーナスプログラムを打ち出しているが、次第にFX事業に手為替の交換事業を行う投資家が離れているが故、さらにボーナス金額をアップさせて利用者を募らなければならないという悪循環も実はボーナスプログラムを提供する側には存在するため、そうした悪循環からFxProの海外事業者が抜け出せなくなることを防ぐためにあえてボーナスプログラムの提供をしていないのだと予測します。

というのも、実は、ボーナスプログラムの金額を跳ね上げて、一時的に利用者が増減することは確かにありますが為替の流動性の低さや参加者がよそに流れるという問題もあり、実のところボーナスプログラムで軍事金を貰っても取引が成立しないので全く意味が無かったという声もありそれだったらボーナスプログラムは不要であるという考えを持つ人物がいるのも納得できます。

FxProの特徴には、日本人を排除する動きが過去にはあった

実は、FxProは、過去に日本人を排除するかのような動きがありました。

簡潔に説明しますと、2011年ごろに日本人の参加者を排除する動きがありまして、その際、トレードに参加を不可能としたり、強制的に今行っているトレードを清算して追い出し行為を行った経緯があるのです。何故、そのような行動をFxPro側がとったのかですが、FxProは実は日本の金融庁からかなり強い警告を受けているが故、日本人を新たに酸化させて問題となった場合、言い逃れできないが故日本人を排除することを決行したと思われます。しかし、日本の金融庁側が何も行動を起こさず、FxProの問題について追及しないと踏むと今度は、FxPro側は日本人の獲得を目指しだしましたが、どうにも日本の市場を占有する動きは無く、一応日本人の参加を認めるというスタンスに落ち着いたと予測します。

あるいは、ある一線を越えた場合、金融庁からの調査対象となる可能性が少なからずある事業者であるが故、日本人の獲得についてはかなり消極的な事業者だと考えてもよいでしょう。

FxProは詐欺事業者である可能性が浮上している

実は、FxProは詐欺事業者ではないかという声が浮上しています。

その理由ですが、まず、FxProはストップ刈りという運営側の都合で為替事業を調整する動きがかなり強い事業者で、強制的にロスカットさせられたということも多くまともなトレードが期待できない事業者の一つだともいわれています。

恐らくこれは真実であると言え、金融庁が警告を強めに出したこともこれが原因であると仮定した場合納得のいく部分が多く、金融庁側は警告しか出せないと踏んで日本人を一応トレードに参加させているのだと仮定すればかなり悪質性が高いです。他にも問題においては、出金の問題が多く上がっており、自分の資金であるのにも拘らず、何かと理由をつけて出金を拒否されたという声です。

これについては、システム云々ではなく、こうした体質であると仮定した場合悪質なうえ、実はトレード自体にも問題があるという声があり、トレードが成立してもトレードが不成立扱いだったという声もありトレードシステム自体が根本的に使用できないシステムであるという声もあり、実は為替トレードをしていないのではないかという声も上がったことがあります。

こうしたシステムの不備やFxPro側の一方的な確約みたいなものがだんだんと嫌になり、トレード自体を辞めてしまい、別の事業所に移ったという声もあることから、FxProは特徴としてトレーダーを大切にしない海外FX事業者であると結論付けます。