海外FXのAxioryという事業者の特徴について

Axioryは日本語にてサポートを可能とした体制下にある

海外FXの事業者の多くは、サービスを提供している国の言語を主としていますが、Axioryは海外のFX事業者ながら、日本語でのサポート対応をしています。

なお日本語のサポートはフルサポートになり、Axioryへの登録から実際にFXで取引を行うまでに関して日本語でのフルサポートを可能としています。

その為、海外FX事業者にありがちな、サポートの拒否という点がないのがこの海外FX事業者の強みになります。

要は、日本語を得意とする人材がサポートを行いメールかチャットでの問題解決の他、公式サイトでの問題解決を図っているため利用者となる方は安心して、登録家業から、FX取引で資産の運用までを行うことができるのがAxioryの特徴になります。

ゼロカットシステムの利用が可能

Axioryの特徴には、ゼロカットシステムの利用が可能であるという特徴があります。

ゼロカットシステムとは、トレーダーのやり取りの中で借金を負うことなくトレードを可能としますが、反面、トレーダーの取引は透明性が失われており、あえて不正に取引を不利に働かせ、資金だけを吸い取ることも理論上可能であるため、実はゼロカットシステムは、FX取引においては必要のない機能で、取引を行っている物が自ら取引を強制的に中断すればゼロカットシステムは不要であるとさえ言われているのです。

しかも、不意なトレードの価格変動に強いとありますが、これは資金をゼロにしてすべての取引を無かったことにするが故、借金をしないという理屈ですが、実は一時的に損害が発生しマイナスとなっただけでも自動でゼロカットが始まりますので、この後実は黒字に持ち直した場合も資金はゼロになり口座には何も残らないというデメリットがあります。その為、Axioryの特徴である、ゼロカットシステムを信用しすぎるのは安全上問題であるということになります.

信託保全によって口座資金は一応保護されている

Axioryの特徴には、信託保全によって一応口座に入金されている資金は、海外FX事業者のAxioryのが倒産しても守られるという仕組みがあります。

この仕組みは、Axioryが利用者の口座の資金に手を付けることなく会社の事業を運営しているため、会社がつぶれても口座に入金されている資金は利用者のものであるという仕組みです。

これらは、海外の事業者だけではなく、日本の事業者でも同じ仕組みを取り入れており、それらを保証するのが日本の場合は、日本の金融庁が信託保全の安全性を保障しますが、こちらの事業者の場合、それらは一応機能としているとされますが、日本の金融庁が認めたものではないのであくまで事業者側の国が保証をするという物です。ですが、国が保証をしているわけですから、日本の保証と実質同じであるため問題はないと言われています。

サービスに関しての評価は残念ながらかなり悪い

Axioryが提供しているサービスの特徴についてですが、残念ながらかなり評判が悪く、その理由は、出金システムに関する問題が多く挙げられており、中でも特徴的だったのが、出金を拒否されたという事例です。

その事例では、特別に事業者が定めた規約に違反したわけではないにもかかわらず、出金を拒否されたという声があり、その声をインターネット上でブログなどで上げ始めると事業者側もマイナスのイメージが付くと判断したのか出金に応じたという声があり、ひょっとしたら、Axioryは事業者の資金に手を付けていて、自己が行っている事業の資金に流用しているのではないかと言う噂が立っています。この件についてはあり得る話で、その理由は、割と出金拒否に関する情報提供が多く、その上で情報を削除されたという声もありましたのであり得る問題なのではないかと推測します。

また、トレーダーのレビュー情報を記載する機能も問題があると言われており、サクラレビューというAxioryのサービスをほめたたえる文章のレビューばかりが記載されており、マイナスととられるレビューは存在しない点がおかしいという点も上がっています。

これらについてはどこの海外FX事業者にもみられる特徴でして、要は自己のサービスのマイナス点を第3者に知られて広がることを恐れ、良いレビューで埋め尽くすという戦略を取ると推測し、実際に海外FX事業所の場合、そうしたマイナスレビューを排除する動きは多いです。

Axioryは結局のところ、他の海外事業所と変わらない

Axioryの特徴は結局は他の海外事業者と変わらないという意見があります。

その理由は、ボーナスがないことの他出金拒否に関する問題があり、トラブルが結構多い割には表面化していない点が問題で他の海外事業者でトラブルを起こしている事業者と同じようなトラブルを抱えているという点にあり、結論としては問題がある海外のFX事業者と変わらないという点です。