海外FXは本当に儲かるの?国内FXにはない魅力とは

近年、副業ブームが盛んになり、日本でも多くの方が2つ以上の収入源を持っているといわれています。

といっても、いまだに副業が禁止されている会社は数多くあり、なかなか踏み出せないという方もおられることでしょう。

その中でもFXは資産運用になるため、副業にはあたらないことからお小遣い稼ぎとして注目されています。

今回は海外FXについてご紹介します。

・高いレバレッジ


海外FXとは、その名の通り、海外で取引所が運営されていることを表します。

国内のFX業者と基本的に内容は似ていることが多いですが、海外FXはレバレッジの制限がないことが注目されています。

レバレッジとは、ご自身が投資した金額(元手)よりも大きい金額を運用することを表します。これにより、大きな利益を得ることが期待されます。基本的にレバレッジは、元手×設定額が取引額となります。

国内では、法律の関係上25倍までしか取引できませんが、海外FXはこのような制限がないのも魅力的です。

例えば、800倍といった高いレバレッジで取引をすることもできます。

FXは、レバレッジ取引を行うことにより、低予算で高い利益が期待できるのが、その分損失が出たときの危険性があります。

国内のFXはレバレッジを使った際、元手以上の損失が発生した場合は、追加で入金することが義務付けられています。

これは、法律で業者が損失分の補填をしてはいけない決まりになっているためです。

海外FXには、損失が発生してもゼロカットシステムという制度があるため、追加で入金する必要がない場合があります。

ゼロカットシステムは、元手以上の損失が出た場合はFX業者が資金を負担する仕組みとなります。

・充実したボーナス

海外FXは、ボーナス制度が充実しているところが多くあります。

これは、新規に口座開設をした場合や入金した場合に付与されることが多く、元手資金として使える場合があります。

まず口座開設ボーナスとは、新規に口座開設をした時点で付与されるものであり、その額は業者によって違いはあるものの、一般的には5千円から1万円程度に設定されています。

中にはボーナスが2万円を超える業者もあるため、比較しながら検討するのがお得です。

口座開設ボーナス自体の出金は基本できないが、ボーナスを元手にして得た利益は出金できるので、場合によっては資金ゼロで利益を増やすことも可能です。

次に入金ボーナスは、入金した時点で付与されるものになり、これも業者により違いはあるものの、基本的には入金額の全額が付与される形になります。

これにより、少ない元手で取引が実現できます。

FXのボーナスは少ない元手で運用ができるといったメリットがあるものの、条件が期限付きなど各業者ごとに違いがあるので、内容をよく確かめてから使うことが望ましいです。

・海外FXは危険?

海外FXには、日本のような法律が適用されないため、レバレッジやボーナス面で国内のFXより優れている点があります。

その一方で危険性に疑問があってなかなか手が出せない傾向にあります。

海外FXの安全性の目安の一つに、金融ライセンスという存在があります。

金融ライセンスとは、一言でいうと、金融業の営業許可という側面があります。

このライセンスを取得しているFX業者は、ある程度の信頼性が担保されているということになります。

なぜなら、このライセンスを取得するには厳格な審査と高額な登録料がかかることになります。

ライセンス取得の条件は世界各国で違いがあるものの、証拠金取引の管理体制や適切な顧客管理、業者の資本力などが条件となっていることが多いです。

その中でもヨーロッパやイギリスのライセンスは特に厳しいと評判で、利用客の資金保護に関する基準が高い傾向にあります。

例えば、イギリスのライセンスは条件の一つに、会社が倒産しても利用客が入金した資金は第三者が返済する制度を整えることとなっています。

こうすることにより、FX業者が経営難になっても入金した額は戻ってくる仕組みになっています。

ただし2021年現在ではヨーロッパやイギリスのライセンスでは規制が厳しくなっており、日本人の口座開設を認めない方向に進みつつあります。

そのため多くの海外FX業者は規制の緩いライセンスに置き換えているのが実態になります。

安全なFX業者はライセンス以外にも運営歴の長さで判断することも可能です。

特にインターネット上で運営する場合は評判が広まるスピードが早いことから、運営歴が長いほど悪い評判が少なく、信頼性も高いと判断できます。

FX業者の場合は5年以上運営できているのかが目安となります。

また、海外FXの魅力であるハイレバレッジ取引を行う際に外せないのが、ゼロカットシステムです。

ゼロカットシステムとは、取引において想定外の暴落が起き、損切処理が間に合わなかった場合に発生した損失を業者が負担することです。

国内のFX業者は法律によりこれらのシステムはないが、海外では数百倍のレバレッジ取引を行う関係上、欠かせないシステムとなります。

安全性を見極める上でもゼロカットシステムの有無は重要なチェックポイントになります。