金融ライセンスとは?どのようなものがあるのか確認方法をまとめて解説

日本では副業が解禁されて、FXをやりだす人も年々増えています。
それと比例をするようにFX業者の数も年々増えているため、どこを利用して良いのかわからないという人も多いのではないでしょうか。
安心して利用できるFX業者を見極める方法として金融ライセンスの有無があります。
金融ライセンスとはFX業者が運営をするにあたって、顧客に対して安全性を証明するための要素の1つです。
ここでは金融ライセンスについて詳しく解説するので、これからFXをする方は、トラブル回避のためにも理解しておきましょう。

金融ライセンスは安全を証明するためのもの

金融ライセンスはFX業者と切っても切り離せないものです。
基本的に金融ライセンスを取得するときには以下のような審査を受けなければいけません。

・取引環境が最適か
・入出金が安定している
・運営のサポートはしっかりしているか
・企業の運営状況は健全なのか
・顧客の資産管理はちゃんとしているか

これらの審査に合格して初めて金融ライセンスを保有することができます。
つまり安全に取引できる業者だと証明されるわけです。
FXは多額の資金が動く業界なので、お金や個人情報に関する取り扱いは常に慎重に行われます。
もし、どこかに問題があれば、個人情報が流失してしまいトレーダーは大損をする可能性もあるからです。

ちなみにライセンスは複数用意されており、それぞれ審査基準や難易度が、信頼性などが大きく変わります。
そのためFX業者を利用するときはどこの金融ライセンスを保有しているのかも確認する必要があります。
中には登録料を支払えば、ライセンスが手に入るところもあるので、FX業者を見極めには気をつけましょう。

信頼できる金融ライセンスとは

数多くある金融ライセンスの中でも特に信頼性の高いものを紹介。
理解しておけばFX業者を選定する時間を大幅に短縮できます。

FCA(イギリス)

FCAはイギリスの金融ライセンスで正式名称が「Financial Conduct Authority」日本語にすると「金融行為規制機構」と呼びます。
イギリスのライセンスは世界的に見て最も厳しいとされています。
日本にある金融庁もイギリスの金融機関の前進と言われるFSAを参考にしていることから、その信頼背の高さが伺えます。
2012年にFSAはFCAとなりロンドン市場を管轄するほどに審査基準が厳しいと評判になりました。

FCAのライセンスを取得するには、様々な監査をクリアする必要があります。
また、毎年ライセンスの更新があり、運営状況をレポートして不合格ならその時点でライセンスを剥奪されます。
特に入出金においては最も厳しく、問題があれば即ライセンスを剥奪されてしまいます。
運営の不透明な海外FXではよく入出金トラブルが起こります。
例えば儲かったお金が出勤できないといったトラブルも日本のトレーダーの間で言われています。
このような状況を回避するためにもイギリスのFCAライセンスを保有している業者を利用しましょう。

ちなみにFCAは取得難易度が高いことから保有している金融業者も限定されています。
つまりFCAを保有している業者なら、まずトラブルは怒らないと言えるわけです。

キプロス(CySEC)

キプロスは地中海にある小さな島国のことで、FX業者が集結している場所でもあります。
金融に関する教育水準も高く、FX業者はキプロスの経済に大きな影響を与えているくらい取引が盛んな場所です。
キプロスのライセンスも、イギリスのFCAと同等と呼べるほど審査が厳しく信頼性が高いです。
まず、キプロスのライセンスを保有する前、運営状況やサポート体制などを細かく審査されます。
どこかに問題があれば、即却下されるため難易度の高いライセンスです。

キプロスのライセンスCySECは2001年に誕生して、ヨーロッパの金融商品指令に準じた内容をしています。
このキプロスの金融ライセンスがあれば、ヨーロッパでも活動できることから汎用性の高いライセンスとしても人気です。
さらに2016年には規制が強化されており、より入手難易度が高くなっていることから信頼性のあるライセンスです。

金融ライセンスを確認する方法

FX業者がどのようなライセンスを保有しているのか確認したいときは、ウェブサイトに行き下部をチェックしましょう。
すると保有しているライセンスを確認できます。
また認証機関のウェブサイトにアクセスして調べることも可能。
各金融業者の名前で検索をすれば、どのようなライセンスを保有しているかまとめて調べることができます。

2つの方法を利用すれば、安全な業者なのか即確認できるので、面倒くさがらずに調べておくのが安全です。
以上のことを理解していればFX業者でトラブルに遭う可能性も少ないため、必ずライセンスの有無を調べておきましょう。