BigBossの口座開設方法は原則18歳以上からです。

BigBossの口座開設方法は原則18歳以上からでないと認められない

BigBossの口座開設方法ですが、bigBossは原則として必ずFXに参加をする人物が18歳以上からでなければ口座の開設を認めていません。

これは何故、原則18歳以上からでなければ口座の開設を認めないかという問題において、18歳以下は法律上制限がある者、例えばお金が絡んでお金が上下するようなものにおいて法律的に契約を有効にできないということがあり、例えば、FXで不利益が生じ始めたと18歳以下の人物が思い始めるとそれまでの契約を無効にして出資したお金を返すということを18歳以下の人物が言い出した場合、それにFX事業者側が従う必要性があるため、完全に大人で自分の交わした契約について責任を取ることが可能である年齢にならない限り口座開設を認めないというのがBigBossの口座開設の原則です。

逆を返せば、18歳以下でも自分の出した決断においては責任を取ることが可能であるという人物においてはFXの参加を可能としていますが、BigBossにおいては、18歳以下という年齢の人物を信頼すべく対象としてみていないが故BigBossにおいては原則18歳を超えてないと口座の開設は不可能です。

 

BigBossの口座開設は本人確認書類と住所の証明書があればカメラ撮影で身分証を提示すれば口座開設可能

BigBossの口座開設方法についてですが、BigBoss顔写真がある本人確認書類と住所の確認を可能とする物があれば本人確認はインターネット上のhttps://www.bigboss-financial.com/account/qopenの部分から個人情報を登録し、後に本人確認書類とで住所の証明書を可高画質のカメラで撮影し、別途送付すれば口座を開設可能です。

ただし、18歳以上であることが条件で、事前に打ち込んだ情報と異なる証明写真や証明書の他住所の場合、それらは証明書とならないうえ、別人が成りすましてFXの口座を開設しているとみなし、口座の開設を許可しないという判断をBigBoss側が取ります。

また、BigBossが定めるプライバシーとなる情報を第3者に公開することがあるかもしれないということにサインしない場合も残念ながら口座の開設を許可しない流れになります。

なお、個人情報を第3者に公開するかもしれない事情については、刑事事件などが起きた際、捜査協力という形で講座所有者の個人情報を第3者に提供することの他、必ずしもFXで利益を得ることが可能であるという条件ではないことに付いてサインするということを意味し、これらの規約は英語で記載されているため英語をきちんと読んだうえでのサインに合意できるかどうかが重要となります。

 

クイック口座開設であれば、証明書の提出を後回しにして口座を作ることができる

BigBossの口座開設法の中に、あえて証明写真の提出や住所証明を後回しにして先に口座を作り即座にFXに参加するという方法があります。

この方法の利点は即座にFX取引を可能とする点と、年齢確認のみを重点としているため、言ってしまえば年齢さえ正しければそれで合格となり取引をその日のうちに開始することができます。

反面、FXで得た収益を引き出すとなると本当に本人であるかどうかを確認する必要性がありますので、この時先に申請したクイック口座開設の記載情報と証明写真や住所証明が異なっていた場合、残念ながら口座開設した口座を本当に自分の物とすることができなくなるという問題があり、間違った情報を正すための手続きを再度行う必要性が生まれてしまいます。

その為、後回しで証明書や住所証明を登録することは実はデメリットもあり、クイック口座開設で記載した情報が正しいと言い切れない限り万が一証明書や住所録で間違いが起きた場合それを取り消すのに一苦労をしてしまうという問題です。

さらに言えば、相手事業者側が再度情報登録において不審に思うことがあると判断した場合、口座の開設自体が無効となることもあり得るためきちんとした正規の口座であると確定してから取引をした方が安全です。