FXのスワップはサヤ取り方法でリスクを最小限に

FXのスワップで稼ぐ方法」

 少しでもリスクも最小限したいと思い、色々と検索した結果「両建て方法」を試しております。

両建てとしてなら、買いポジション売りポジションを同時に持つようにしています。

買いポジションと売りポジションを同一の値にするようにし、為替相場が変動があってもノーリスクになります。

そして一応、毎日確認するようにしています。

 

両建てにする場合は、通過ペアは買いポジションとスワップポイント・ 売りポジションとスワップポイントと、

どちらもプラスである通貨ペアが扱えます

できれば知名度の低い通貨ペアがよいです。

指値注文をするには、買いポジションと売りポジションを同じ値で保有するように指値注文します。

 

またレバレッジの倍率を高くしておくと、少額でもリスクも少ないです。

海外のfx業者のスワップポイントは低い傾向が多いです。

少なくとも毎日1回はスワップポイントを確認しておきましょう。

日によっては、どちらかのポジションがマイナスになってしまうことがあるからです。

そういう場合は、一度ポジションから離れます。

決済を済ませ、再度、両者のポジションがプラスになる通貨を探します。

決済方法は、スプレッドが狭いときに行うと利益も大きいです。

 

自分の資金が増えるのがスワップポイントの魅力の1つであり、まずは為替差益とそれ通貨の特徴を知っておきましょう。

ただしスワップポイントを得ても失なうことあるので2つの通貨の金利の差で、スワップポイントを得ることになります。

基本的には金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買って,2通貨で生じる金利差で利益を得られます。

為替差益スワップポイントとでは為替変動を利用し為替差益を得られます。

基本は安く仕入れて高く売るがケースです。

 

例えば、1ドル110円でドルを売って、1ドル100円で買い戻すと、10円の利益があげられます。

ドルの価値が上がると買って下がると予測し、売れば為替差益を得ることになります。

日本の金利は円を売り外資を買っておくことで、スワップポイントを得ることができます。

スワップポイントで稼ぎ、利益を得るポイントは、人気の高い通貨へ投資を狙っていきましょう。

できるだけたくさんのスワップポイントを得るには、大きい通貨ペアを選ぶことがポイントです。

高いスワップポイントが受けられるfx会社で取引をすることも稼ぎやすい方法です。

fx会社によって、通貨が違うのでチェック」

 スワップポイント支払いの費用を抑えたい場合は、スワップポイントがなるべく低価fx会社を選択するといいです。

スワップポイントを受け取れる、時間帯は翌朝のケースがあります。

 

受取時間は、通常で次の取引日、夏だと朝6時から・冬だと7時からが基本です。

またポジションを保持したままでは、スワップポイントが発生します。

土日のスワップポイントにて、金曜日の取引で3日分を付与する会社もあります。

祝日、祭日、ゴールデンウィーク、年末年始など、スワップポイントが発生してしまいます。

他の国の通貨も同じなので、ペア通貨の国のカレンダーもチェックが必要です。

「長期のスワップポイント」

 まずは日取引をすることで、コツコツ貯めることができます。

為替変動により、マイナスになることもあるので注意してください。

スワップポイントは、通貨ペアの金利差で決まります。

金利は頻繁に変動しているため、金利差が大幅に開いていない限り、毎日のスワップポイントを受けとることは難しいです。

 

例えば、返済時にマイナスになったりする場合もあるし、長期ではマイナスの状態が続いたり、スワップポイントの支払いが積み重ねになってしまいます。 長期だと変動が激しい通貨を避けたほうよく、また過去のスワップポイントの経過をみて、確認して変動が少ない通貨を選択したほうがいいです。

 

長期のスワップポイントでデメリットな点では、マイナス通貨だと、政情や財政破綻により、為替変動の負担が大きくリスクにもなることもあります。

 

取引でのスワップポイントで得る利益も少ないので、通貨ペアも比較していきましょう。

スプレッドとは、売値と買値の価格差のことです。

x取引では無料のところもあります。

 

スプレッドが広いとスワップポイントが高いfx会社は、長期投資のお客さまは目に止まりやすいです。

売買が頻繁でないお客さまからでは、手数料も低いため、スプレッドを広くし利益を上げる方法もあります。

 「安定型のサヤ取りで稼ぐ」

 スワップポイントで稼ぐ特徴として、サヤ取りで勝つ確率も高く、同時に売り買いのポジションを取るので、

為替変動のリスクも低いし、スワップポイントの差の利益を受けとることができます。

一番のメリットは、安定型のタイプで為替変動には気にすることなく利益が得られやすいからです。

 

たとえば、A社の買いスワップが80円、B社の売りスワップが40円のときに、

同時に買いと売りのポジションを建てれば40円の利益になります。

つまり、同じ通貨ペアを違う会社で売買することで、会社間のスワップ差で利益を得ることができます。