FXのテクニカル分析では、チャートを見て今後の値動きの予測し分析していきます。

「 FXのテクニカル分析って一体何? 」

為替相場をグラフ化し、値動きや分析していくことテクニカル分析といいます。
そしてチャートを使って分析する手法はたくさんあるのでご紹介していきます。

FXのテクニカル分析は、株式取引や為替相場で独特な形状のグラフです。


過去の値動き現在の流れなどを読み取り、今後の値動きを分析したり、FX取引をメインで考えているなら基本ベースを押さえ理解していくように意識していきましょう。

一般的だとトレンド系を狙った移動平均線を利用したグラフ日時で、横軸に表示されていて価格のグラフも表示されている、
一定期間の終値の平均値を見て判断して売買をしていくことが定番になっています。
移動平均線なら毎日の値動きに合わせなくても、全体的な値動きで判断して一定期間の中でも流れが見えてきます。
また長い期間に設定すれば、その形の流れになってきます。
例えば、移動平均収束乖離トレードだと売り買いの判断は2つのラインが交差したときに、買ったり売ったりして値動きが大きい相場であるほうが、この移動平均収束乖離トレードには合っています。
また過去の値動きを参考に上限と下限を設定し過去の値動きから、売り買いを判断して下限から上限と設定したり、最安値から最高値で 計算していきましょう。

予測を読み取るには、チャートに基準線、先行スパン線、転換線、遅行スパン線という5本の線を引きこの線とロウソク足の位置関係から予測を読みとっていきます。
またチャートに5本の補助線を引くことで分かりやすくなり、値動きの予測を読み取ることで一目均衡表で分析することも方法です。それから移動平均線の値から標準偏差を計算し値の上限と下限を求めます。
下限に触れるほど価格が下がればそこから価格は上昇して、上限に触れるほど価格が上れば、次は下がると予測していくことをボリンジャーバンドといわれます。

「順張りと逆張り」

もし下落傾向にあるなら下限を把握して「逆張り」上昇傾向にあるときは、その上限をみて売りことで、オシレーターのテクニカル分析にあたります。
あるいは、上昇傾向で75%あたりで超えたら、逆張りでの売り注文にしていき、下げ幅が35%以下なら一転買い注文をいれるようにするといいです。 これはゆるやかな値動きでいる銘柄に合う手法かもしれません。

テクニカル分析において、よく使用する用語として買ったり売るタイミングで 判断すると、順張り・逆張りをいう用語が使われています。 値上がりしていく銘柄なら、これからさらに値上がりすると予測し買い注文をいれて、これからこの銘柄は値下がりするだろうと予測するなら、売り注文をしていき銘柄の値動きから判断していく順張りの手法があります。

リスクを少しでも低くするにも、値上がりの銘柄に対しこれから値が落ちるだろうと分析して、売り注文を出し値下がりしてる銘柄で、これ以上は値下がりしないと、経験や直感でピンときたら買い注文をいれていくようにしたほうがいいです。
また一目均衡表というのは、チャート上に現れる雲でこれを利用して雲から線が突き抜けるときもあります。注意点としてトレンドが転換したと判断し雲が薄いとき迷っているところでは、手を出さないようにするほうがいいです。

「相場の判断に慣れてきたら、MACDもおすすめ」

短期間の移動平均線と中期間の移動平均線からエントリーポイントを判断し、相場の転換を早く判断できるようになれたら、MACDマックデイーを使用してみるのもよいです。
正しく相場の動きを判断して読み取りと予測もできるように、総合的に相場の流れを把握できるようになるためにも、FXの色々な分析方法を学んでいくとよいでしょう。
テクニカル分析を行うと根拠の元からポジションを持っていていき、シグナルがなくなると早めに決済したほうがよいです。欲を出すと負けてしまうこともあるので気をつけてください。

「まとめ」

またテクニカル分析には、この先の傾向など細かなところもチェックして予測していき、さらに臨機応変に対応できることが重要になってきます。大まかに見て分析をしていくと大損する可能性もあります。
初心者でも相場判断できるように、ある程度の基礎や計算式などできるほうがリスクも低くなります。
まずはわかりやすい計算や分析しやすいところから取り組んでみて、自分の合わない部分があれば、改めて自分なりの分析方法を調べていくことが大事です。 こうして経済の状況や分析方法を使い分けて、リスクの負担を少なくするためにも、1つのテクニカル分析方法だけなく、手法を組み合わせたり値動きの予想と、自身の資金と状況に合わせていくことでリスクを低くすることもできます。