GEMFOREXの口座開設の方法と用意が必要な提出書類とは?

入力が少ない必要事項

GEMFOREXにおける口座開設を行う際のメリットは、幸いにも口座開設フォームの必要事項が少ないことです。

口座開設の手順としてまずはGEMFOREXのホームページにアクセスし、ホーム画面より「リアル口座開設」をクリックします。

表示された開設フォームに口座タイプと登録種別、ローマ字による名前やメールアドレスなどを順番に従って入力していきます。

必要事項は以上の4項目のみになり、ロボット否定の欄にチェックを入れて口座開設ボタンを押します。

内容確認の画面が表示され、間違いの有無を確認した後送信するという流れです。

開設フォームの口座タイプには、オールインワンノースプレッド2種類があります。

オールインワン口座は利用制限がないタイプになり、1つの口座において多様な取引形式の経験が可能です。

オールインワン口座は決まった設定に応じて、機械に取引を任せ放置する仕組みです。

自動売買が可能であり最低入金額も100円と利用しやすいことが特徴です。

スプレッドがない場合においても、取引できることがノースプレッド口座の特徴です。

スプレッドの良い点は買値と売値それぞれの値が、同値の場合売りよる損失が少ないことです。

ただボーナス対象外であることや、自動売買での利用ができないといったデメリットもあります。

ボーナス並びに自動売買など幅広いサービスを希望する場合は、オールインワン口座を選べは間違いないでしょう。


口座開設に必要な本人確認書類

口座開設フォームの手続きを終えた後、登録完了及び口座開設完了を知らせる2種類のメールが届きます。

登録完了メール内においてログインパスワードを確認し、「マイページログインはこちら」というボタンを押すことにより会員専用ページへ進みます。

なお口座開設完了を知らせるメールにおいては、GEMFOREXの取引プラットフォームであるMT4へのアクセスに必要な情報が含まれています。

そのためサーバーと口座番号やパスワードなどを記録し、メールそのものを大切に保管する必要があります。

口座開設は以上2通のメールが、GEMFOREXから届いた場合完了です。

GEMFOREXにおいては身分証明の手続きを、行わない場合でも口座開設は可能です。

しかし提出を行わない場合においては。

キャンペーンにおけるボーナスを獲得できないなどの制約があります。

ボーナスなどが欲しいトレーダーの場合は、身分証明の手続きを行うことが必要です。

身分証明書提出の手順はGEMFOREX会員ページにおいて、「身分証明書のご提出が未完です」という通知が届いた場合「アップロードはこちらから」よりアクセスします。

GEMFOREXにおける口座開設で個人口座の場合、専用フォームにおいて必要書類をアップロードする必要があります。

必要書類は身分証と住所証明書や、身分証を持った本人の自撮り写真などの3つになります。

どの必要書類もスマートフォンがあれば、すぐに撮影できるため用意しておきましょう。

なお各写真のファイル容量は1MBまでということを、意識しオーバーしないように注意しましょう。

この際にGEMFOREXにおいて有効な身分証や、住所証明書などの種類を確認しておくことをおすすめします。


身分証提出の必要性

口座開設時に身分証として使用できるものとして、運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、外国人登録証、在留カード、特別永住者証明書、障がい帳」などが該当します。

ID番号並びに生年月日の入力も、身分証の提出時には必要です。

住所変更がある場合は身分証の、裏面においてもアップすることを忘れてはいけません。

パスポートにおいては202024日以降に発行されたパスポートの場合、所持人記入欄がないことを理由に受け取りを拒否されるため注意が必要です。

GEMFOREXにの口座開設時には、住所証明書が必要になります。

該当書類は「住民票、写真なしのマイナンバーカード、健康保険証、納税通知書、印鑑登録証明書、公共料金や携帯電話などの請求書」などになります。

これらの書類はいずれも発行年月日から、3カ月以内という決まりがあります。

裏面のアップロードも必要になりその中においても、社会保険証などは住所が記載されている裏面写真の提出怠った場合手続きが終わりません。

そしてGEMFOREXにおいては口座開設時から、時間が経過した後でも身分証などの提出が可能です。

入金及び為替取引も身分証明を、未提出の場合においても始められることが特徴です。

しかし初めての出金処理を、行うまでには身分証の提出が必要になります。

身分証が未提出の場合専用口座から、利益を出した際においても1円たりとも引き出せないためです。

そのため取引が一段落する前に、身分証の手続きを済ませておくことをおすすめします。