IFC Marketsは19カ国語に対応した老舗ブローカーです。

安全性と信頼性

IFC Markets の運営元は IFCMARKETS. CORP.になり、2006年からFX業者として営業展開しています。

設立15周年となる2021年現在は、19カ国語に対応した老舗ブローカーの1つになります。

IFC Marketsは各国の規制事情を踏まえた上で複数の金融ライセンスを取得し、世界中に金融事業を展開するグローバル企業でありIFCグループの子会社です。

BVI FSCの金融ライセンス下において、現在日本人向けサービスも展開しています。

IFC Marketsのグループ会社には規制事情のため日本居住者は利用できませんが、監査基準が厳しいといわれているCySEСも属しています。

母体の大きさ並びに裏付けとなる複数の金融ライセンスなどを鑑みた場合、IFC Marketsにおける一定の信頼性の高さを垣間見ることができます。

顧客資金に関する保証制度について、BVI FSCは細かい取決めがありません。

しかしIFC Marketsは資金保証制度を、自発的に整備を行うことによりそれらの問題を解決しています。

IFC Marketsでは信託銀行による、分別保管において顧客の預託資金を管理しています。

さらに万が一の際に備えて資金が返還される仕組みを、構築するためAIG EUROPE LIMITED の保険に加入しています。

AIG EUROPE LIMITED において最大1,000,000ドル相当まで、資金が保証されているためIFC Marketsの倒産及びトラブルの際にも安心だといえます。

                                                                            固定スプレッドのメリットデメリット

IFC Marketsは固定スプレッドを提供しています。

そのためコストの一定化が可能な点がメリットといえます。

またIFC Market独自のサービスとして、オリジナルの通貨ペアを作成できる合併商品を取り扱っています。

最大年利7パーセントの利息が、証拠金につくサービスなども魅力的です。

IFC Marketsは固定スプレッドを選択しての取引が可能です。

これは海外FX業者としては珍しくスプレッドの変動を、気にせずに一定のコストで取引できる手法として採用しています。

損切り及び利食いの水準は、スプレッドが固定されていることにより計算しやすくなります。

固定スプレッドであれば注文価格に到達した際に、スプレッドの拡大によりで計算が狂うといった問題が起きることがありません。

さらに固定スプレッドの場合デイトレード並びにスイングトレードを軸とした、自動売買においてのリスク管理もスプレッドによる変動を除外して考えることが可能です。

IFC Markets1,000,000ドル相当以下の、取引において固定スプレッドを採用しています。

トレーダープレッドが、少々割高になるというデメリットも持ち合わせています。


ポートフォリオ取引による分散投資

IFC Marketsの注文はIFC Marketsとの、相対取引により成立し約定スピードの早さが特徴になります。

固定スプレッドはスプレッドの拡大、及び約定拒否のリスクが低減されることもメリットといえます。

ただ直接レートと比較してスは1,000,000ドル以上から10,000,000ドル以下相当額の、取引において変動スプレッドが採用されています。

固定スプレッドではありませんがIFC Marketsによるカバー取引が、行われる仕組みであるため約定遅延及びスリッページが発生する可能性がない点も特徴です。

10,000,000ドル相当以上の取引は、固定スプレッドではありません。

最も透明性の高い発注方式が用いられIFC Marketsを通しての、カバー取引ではないDMAシステムへ注文が流れる仕組みを構築しています。

DMAシステムは金融機関と直接取引を行います。

そのため個人が利用可能なFX業者において、DMA方式の採用は大変珍しいケースといえます。

取引数量が多大になるため約定拒否の可能性はありますが、プロ向けの大口取引に対応可能な約定環境です。

IFC Marketsにおいて取り扱っているFX通貨ペアは、比較的少ない49種類のラインナップです。

しかしIFC Marketsにおいては自分の好きな銘柄を、自由に組み合わせて作成可能なユニークな商品である合併商品が存在します。

オリジナルの投資商品は特定のFX通貨ペア及びCFD銘柄において、組み合わせを選び作成することが可能です。

そしてIFC Marketsはオリジナル合併商品の活用例として、ポートフォリオ取引を提案しています。

提案内容は相関性の低い金融商品を、かけ合わせた合併商品においてポートフォリオを組みます。

これによりリスクを抑えた上で、利益が期待できることがポートフォリオ取引の特徴になります。

ただこのような合併商品を作成するためにはFX通貨ペア以外の、各金融商品に関してのある一定の知識が必要になります。

上級者向けになりますが他社では不可能な投資方法を試せることは大きな魅力といえます。

独自の投資商品を個人で作成可能であるということが、唯一IFC Marketsのみの大変珍しいサービスといえるでしょう。

FXの短期トレードで稼げるようになった場合は、分散投資において手堅い運用を検討するトレーダーも多いことでしょう。

そのようなトレーダーにおいてはIFC Marketsの合併商品を使用して、色々な投資商品によりポートフォリオをもとに分散投資を行うことをおすすめします。